私が個人的にあまりいい印象を持たない人|起業編

最近流行っている、「絶対勝てる〇〇!」、「ネットワークビジネス」・「偽リア充(キラキラ起業)」・「偽ニート」に対しての意見です。

記事の削除
* この記事は、お客さんを失う可能性が高い記事なので、削除する可能性があります。

最近、目につく起業のパターン

自分の生き方を求め、夢を追いかける姿は輝いている

ここ数年で、インターネットや設備がものすごく普及し、パソコン1台あれば生計を立てていくこともできなくはない世の中になってきました。

人々がなにか新しい事業や、自分の生き方を求めたり、夢を追いかける姿はとても輝いていて、憧れます。

この「もぐログ」というサイトも、そんな生き方や夢を追いかける人たちを助けてあげたいという思いから、ホームページ作成をはじめとするサービスを格安で提供しています。

お問い合わせもサイトを作成してから間もないのですが、そこそこアクセスがあり、大変ありがたく思っています。

しかし、そんな中、あまり応援したくないと思えるビジネスも増えてきました。

あまり好感を持てないビジネスが増えてきている

私は、誰にも迷惑をかけないものであったり、人々の役に立てるビジネスについては、一部の例外を除いて応援したいと思っています。

しかし、以下のようなビジネスについては、あまり好感を持っていません。

絶対勝てる〇〇!

MLM(マルチレベルマーケティング)

偽リア充(キラキラ起業)、偽ニート(ビシネスニート)

今、あげたビジネスが、ここ数年で本当に増えているような気がしています。

マイナスのものに関して、当サイト内で具体名は列挙しません
その人はその人なりの理由でその「ビジネス」をやっているはずだからです。わざわざ敵対するつもりもありません。ただ単純に上記のような「ビジネス」が好きではないだけで、上記のビジネスをやっている仲の良い友人もいます。

その「人」ではなく、その「ビジネス」が好きではないのです。

絶対勝てる〇〇!、100%儲かる〇〇!

投資系でよく目にします。

正直、こんなのに引っかかる人がいるのか? と疑問に思うところもありますが、被害はどんどん増えています。

今の私の意見に対して、

「いや、〇〇は本当に儲かるんだって!!」

っていう声もあると思います。

たしかに、本当に儲かるものもあると思います。

しかし、1つ最大の疑問が残ります。

「なぜ、それをわざわざあなたに教えるのか」

ということです。

基本的に、それを真似しようとする人が増えれば、その稼ぎ方も稼げない方法になっていきます。

それなのに、なぜわざわざ、それをあなたに教えるのか、というところにもっと注意してほしいと思っています。

たしかに、そんなことにも騙されてしまう人も悪いですが、そんな情報弱者をねらって甘い汁を吸おうとしているビジネスが許せません。

そして、そんなビジネスが本当によく増えてきているというのが、とても悲しいです。

「これってもしかして怪しいかな?」って思ったら

当サイトに問い合わせてみてください。

もちろん、無料でご相談にのらせていただきます。

投資ビジネスを否定するつもりはありません
当サイトでも、投資系サイトの依頼は引き受けておりますし、悪い印象をもっているわけではありません。

私たちも投資はやっています。

ただ、投資において「絶対に儲かる!」等とうたって弱者をねらっていく手法が好きではないだけです。

MLM(マルチレベルマーケティング)

世間でいわれている、ネットワークビジネスのことです。

よくあるパターンとしては、毎月〇〇円を払うことによって、なにかしらを安く買えたりして、人を紹介すると、紹介者にお金が入ってくるパターンです。

これは法的には問題ないとされていますが、誰も紹介できない末端の人が損をする仕組みになっています。

自分が直接紹介した誰かが損をするかもしれません。

自分が直接紹介をした人が損をしなかったとしても、その直接紹介をした人がさらに紹介した人が損をすることになるのです。

自分の友達や、その友達が損をすることになるのです。

爆発しそうな爆弾の押し付け合いのような気がします。

個人的には、友情を売ってお金に換えるビジネスが好きではありません。

もぐログ運営部の意見
この主張は、あくまで管理人の個人の意見であり、もぐログ運営部の総意ではありません。

偽リア充

これは最近ニュースでも取り上げられていますね。

リア充を演出することのサポートをしてくれる会社(左記リンク)も繁栄していて、サービス内容も充実していてびっくりします。

上記リンクの会社のように、誰かのニーズに応えるために面白いことやろうとしているのにはとても好感は持てます。

ただ気になるのは、それを利用する人と、その利用者に影響を受ける人たちです。

これを応用しているのが、最近はやりのキラキラ系起業家だと思います。

本人が勝手にキラキラしている分には問題ないと思います。

これも問題なのは、その影響を受ける人たちです。

その人が演出したものを、いいものだと受け止め、同じような立場に追い込まれてしまうリスクがあるのです。

演出した人は、影響を受けた人たちに対して責任をもつことができるでしょうか。

偽ニート

シンプルに、ニートではないです。

ニートという肩書を利用して、注意を引き付けて儲けようとしているのがあまり好きではないだけです。

これも、その偽ニートは儲けることができるかもしれませんが、その影響を受けた人たちが甘いところだけ見て真似をすることを考えると心配です。

まとめ

書いてるうちに、思ったことですが、私があまり好きではないビジネスには共通点があります。

それは、「誰かをだますことによってその人が儲かるビジネス」です。

どれも、その人自身は儲けやすいビジネスだとは思います。

しかし、どれも自分を憧れて追いかけてくれた人が損をしたり、誰かに迷惑をかけたりするビジネスなのです。

この記事については、反対意見も多いと思いますし、最近流行りのビジネスなだけに顧客が減ったりする可能性もあり、記事の削除をする可能性もありますが、ずっとため込んでいたものを一度吐き出したいと思い、ここに記しました。

私は、せめて自分のビジネスは正直にやっていきたいと思っています。

あとがき

これまでMLMについてのお問い合わせが多かったので、弁明します。
 
MLMについてMLMだからといってすべてを否定するつもりはありません。
 
MLMそのものがわるいってことではないと思います。
MLM加入者が、MLMの商品に魅力を感じて売るのであれば、自分の売りたい商品を持つことができるのですから、それは(売り手にとっては)とても魅力的な事だと思います。
 
しかし、加入者が毎月一定額を払うなどのようなデメリットで買い手が損をする可能性があるにも関わらず、いいところだけを説明して騙すような売り方が増えてきたのでいいイメージを持っていません。
 
個人的な意見としましては、売り手が買い手に対して、サービスの購入・利用するために、毎月一定金額を支払わなくてはいけないものに対しては黄色か赤信号だと思ってます。(逆に非会員でも購入できるものについてはそうは思わないです)
 
もちろん、加入して大量購入・利用するなど、元をとれる人も多くいます。
心からそのサービスに感服している人もいます。
そういう人たちは、べつにだますつもりとかではなく、心からの善意で勧めている人も多いです。
人によっては、加入することによる恩恵が多い人もいることでしょう。
したがって、MLMについてはあまりいい印象を持っておりませんが、MLMをやっている人が嫌いなわけではないのです。
 
MLMについては、基本的には良い印象を持っていません。
その理由としては、実際に騙されている人が多いのと、自分自身が出不精でパソコン1つあれば解決する生活であること、そして自分が誰かを勧誘したりするのが嫌だからです。
しかし、商品と同じように、いいMLMも悪いMLMもあります。
したがって、必ずしも相手は騙すつもりで近づいてきてるわけでもありません。
 
同窓会で、MLMをやっている友人が裏で叩かれていたのですが、それはそれで違和感がありました。
MLMだからって全否定するのもよくないですし、それは、利用者にとってはいいものである場合もあるので、その人の人間性まで否定するのは良くないと思います。
 
以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Masaki

横浜国立大学経営学部会計情報学科卒。 17歳の頃に初めての起業を経験し、以後8年間様々な事業で起業をする。 学生時代は10以上の資格の取得に励んだり、大学1年生の頃から20社以上のインターンシップ+αを経験したりと人生設計に迷走する。 現在、ホームページ作成、起業支援業務のような様々な新規ビジネスの開拓に携わっている。