石田流③|4五角問題:しっかりと受けることによって、こちらが有利になります

前回、石田流の4~5手目までみてきました。

石田流②|4手目~5手目:△〇〇→▲7八飛or▲6六歩

2018.03.01

その中で、何度もでてきたのが、相手から角交換をされ4五に角を打ちこまれるという、4五角問題です。

前回のまとめ

石田流|1~5手目
・相手が飛車先を1つ突いて各道をあけてきた場合は 、5手目に飛車を7筋に振る
(①.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8四歩→「▲7八飛」)
(②.▲7六歩→△8四歩→▲7五歩→△3四歩→「▲7八飛」)

・相手がひたすら飛車先を突いてきた場合は、5手目は▲7七角として、ノーマル三間飛車にする。
(③.▲7六歩→△8四歩→▲7八飛→△8五歩→「▲7七角」)

・相手が持久戦志向の場合(△4二玉、△6二銀)、5手目は▲6六歩と角道をとめる。
(④-1.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△4二玉→「▲6六歩」)
(⑤-1.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△6二銀→「▲6六歩」)

ただし、4五角問題の研究が進んでいるのなら、この5手目をあえて▲7八飛とするのも良いでしょう。
(④-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△4二玉→「▲7八飛」)
(⑤-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△6二銀→「▲7八飛」)

・相手が△5四歩としてきた場合は、▲6六歩としておけば特に問題ありません。
(⑥-1.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△5四歩→「▲6六歩」)
ただし、4五角問題の研究が進んでいるのなら、この5手目をあえて▲7八飛とするのも良いでしょう。
(⑥-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△5四歩→「▲7八飛」)

・相手が4手目で強引に角交換をしかけてきた場合、▲同銀としておけば問題ありません。
(⑦.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8八角成→「▲同銀」)

今回は、この①~⑦の流れで打ちこまれる可能性のある「4五角問題」について、考察していきます。

4五角問題を考える必要がない場合(③、④-1、⑤-1、⑥-1、⑦)

そもそも角道が空いていない

は相手の角道が、④-1、⑤-1、⑥-1は自分の角道があいていないので、考える必要はありません。

⑦.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8八角成→「▲同銀

この場合は、相手が4手目で強引に角交換をしかけてきた場合、▲同銀としておけば問題ありません。

4五角問題を考える必要がある場合(①、②、④-2、⑤-2、⑥-2)

①、②に関しては、先手にとって普通の手の流れで起こりえるものであって、対処法をしっかりと知っていれば、仕掛けられても、不利になるどころか、逆に有利になります。

④-2、⑤-2、⑥-2に関しては、自分が5手目で▲6六歩角道をしっかりと止めてさえいれば、起こりません
したがって、④-2、⑤-2、⑥-2に関しては、先手があえて少し不利になる手を打つことになります。

それを研究の差で有利にするというのが、④-2、⑤-2、⑥-2の狙いです。

今回は、しっかりと対処すれば有利になる4五角問題についてみていきます。

4五角打とされても問題ない場合:4五角問題(①、②)

①.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8四歩→「▲7八飛
②.▲7六歩→△8四歩→▲7五歩→△3四歩→「▲7八飛

の2つは、2手目と4手目の順序が変わっただけなので、5手目が終わっている以上、同じ局面として考えることができます。

5手目:▲7八飛まで     

では、ここで相手から角交換をされ、4五に角を打ちこまれた場合をみていきましょう。

(5手目;▲7八飛から)→△8八角成→▲同銀→△4五角打

8手目:△4五角打まで     

一見すると、△6七角成と△2七角成の両方を同時に受けることができないようにみえるかもしれません。

これを許してしまうと、序盤から馬をつくられて不利になってしまいますが、この場合は、こちらも返し技があります。

それは「▲7六角打」です。

9手目:▲7六角打まで     

この▲7六角打は、次に▲4三角成と、こちらが馬をつくることを見据えながら、6七の地点を守ることができます。

相手は、次の手(10手目)で、かまわず△2七角成と馬をつくるか、こちらが馬をつくるのを防ぐために△4二玉として4三の地点を受けることになります。

10手目:△2七角成の場合

こちらもかまわず、▲4三角成と馬をつくります。

11手目:▲4三角成まで     

後手は、攻めるにしても、こちらに浮き駒(タダで取られてしまう駒)はありません。

また、こちらの(13手目)▲2一馬(桂取り)と▲5三馬(歩取り)の両方を受けなくてはいけません。

無理やり△5四馬として、こちらの馬にぶつけて交換をけしかけても、先手は▲3四馬として歩得することができ、有利になります。

したがって、こちらの▲7六角打に対して、かまわず△2七角成と馬をつくられるのは問題ありません。

10手目:△4二玉の場合

こちらも馬をつくられるわけにはいかないので、▲3八銀として、2七の地点を受けます。

11手目:▲3八銀まで     

ここから後手は、角が追われてしまうので、△6四歩などが考えられます。

先手は、美濃囲いをつくったり、飛車を振るなりして、広く戦うことができます。

しかし、後手は先手と比べると角の利きが少なく、縮こまってしまっているので、(10手目△2七角成の場合ほど劣勢ではありませんが、)自ら陣形を圧迫しているので戦いにくいです。

あえて誘う4五角問題④-2、⑤-2、⑥-2):間違えると不利になります。

④-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△4二玉→「▲7八飛
⑤-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△6二銀→「▲7八飛
⑥-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△5四歩→「▲7八飛

④-2、⑤-2、⑥-2の場合は、相手の角交換を誘って、劣勢の場面を自らつくり、研究の差で有利にするというのが狙いです。

したがって、研究が進んでいない場合は、普通に▲6六歩と角道をとめて(④-1⑤-1、⑥-1)、角交換を防ぐのが最適です。

自分の研究している状況に、あえて誘うということで、量もそこそこあるため、(④-2、⑤-2、⑥-2)4五角問題については、次の記事にまとめます。

あえて誘う4五角問題(④-2、⑤-2、⑥-2)
④-2、⑤-2、⑥-2の、あえて誘う4五角問題については、わざわざ不利になる可能性のある戦法なので、よほど研究が進んでいる場合以外は、角道を閉じればいいだけなので、やる必要がありません。
したがって、あえて誘う4五角問題については、把握する必要(読む必要)もありません。
(もちろん、考え方を学ぶという点では必要です。)

まとめ

石田流|4五角問題
そもそも4五角問題を考える必要がない場合(③、④-1、⑤-1、⑥-1、⑦)
(③.▲7六歩→△8四歩→▲7八飛→△8五歩→「▲7七角」):相手の角道があいていないため、角交換されない
(④-1.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△4二玉→「▲6六歩」):自分の角道があいていないため、角交換されない
(⑤-1.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△6二銀→「▲6六歩」):自分の角道があいていないため、角交換されない
(⑥-1.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△5四歩→「▲6六歩」):自分の角道があいていないため、角交換をされない
(⑦.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8八角成→「▲同銀」:同銀の時点で、相手からの角打ちの脅威がない。

・△4五角打とされても問題ない場合(①、②):▲7八飛→△8八角成→▲同銀→△4五角打→▲7六角打
(①.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8四歩→「▲7八飛」):▲7六角打とすることによって、先手が有利になる
(②.▲7六歩→△8四歩→▲7五歩→△3四歩→「▲7八飛」):▲7六角打とすることによって、先手が有利になる

あえて誘う4五角問題(④-2、⑤-2、⑥-2):あえて不利になる可能性のある戦法。
(④-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△4二玉→「▲7八飛」):研究が進んでいない場合は避けた方がいいです
(⑤-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△6二銀→「▲7八飛」):研究が進んでいない場合は避けた方がいいです
(⑥-2.▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△5四歩→「▲7八飛」):研究が進んでいない場合は避けた方がいいです

次回は、あえて誘う4五角問題④-2、⑤-2、⑥-2)について、プロ棋士の対局における前例をもとに、まとめていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Masaki

横浜国立大学経営学部会計情報学科卒。 17歳の頃に初めての起業を経験し、以後8年間様々な事業で起業をする。 学生時代は10以上の資格の取得に励んだり、大学1年生の頃から20社以上のインターンシップ+αを経験したりと人生設計に迷走する。 現在、ホームページ作成、起業支援業務のような様々な新規ビジネスの開拓に携わっている。