起業Naviで提供するもの

起業Naviで提供するもの

「もぐログ」の起業Naviは、1つのサイトで起業を実行できるサイトを目指しています。(2018年5月26日完成予定)

起業するにしても、たくさんの種類と形態があります。

起業とは|まずは起業というものがなんであるのかを考えてみよう!

2017.06.28

当サイトでは、サイトの利用者が「開始地点」と「目的地」を把握した上で、どのように向かっていけばいいのかを見つけられる手助けをしていきたいと思っています。

起業を始める前に

目標設定の重要さ

あなたは「なんのために」起業をするのですか?(目標)

目標に合わせて、いいスタートを切ることが目標達成(=成功)の近道です。

「開始地点」と「目的地」|目標に合わせて、いいスタートを切ることが目標達成(=成功)の近道

2017.07.06

結局は、なにを重視(求めるものと)しているのか、なにをそんなに求めていないのかによって、目標は変わってきます。

開始地点を決める|「目標」はゴールであり、開始地点です。

2017.07.07

お金を稼ぐ意味

みなさんは、お金をなんのために稼いでいるのかわかっていますか?

どうやってお金を稼ぐのか|お金がなにかを理解する作業が大事

2017.07.11

私達がお金を稼ぐことの本当の意味は、他人の力を借りるためなのです。

逆に言えば、自分の力が必要とされれば、お金を稼ぐことができるのです。

起業する事業内容を決める|なにをやったらいいのかわからない人たちへ

2017.07.12

個人事業主と法人

実際に行動を起こそうと思っても、1人(フリー)でやるのか、仲間たちと一緒に行うのか、のように働き方にもいろいろあります。

個人事業主と法人のちがい(概論)|働き方の選択

2017.07.12

働き方によって、できるようになることもあれば、できなくなることもあります。

そのようなメリット・デメリットをまとめてみました。

個人事業主と法人のメリット・デメリットから、どちらにするのか選択する

2017.07.13

起業(ビジネス)を成功させる方法

目標を定め、事業内容と事業形態が決まったとしたら、これからどうやって行動していけばいいのでしょうか。

どのビジネスであっても基本となってくる、ビジネスの3原則が重要です。

ビジネスの3原則である、「商品」・「集客」・「販売」の3つがうまくいけば、そのビジネスはうまくいくのです。

ビジネスの3原則のうち、1つでも成り立たなければ、その起業(ビジネス)は失敗する|起業を成功させる方法

2017.07.13

知識・経験・ノウハウのアップグレード|本から学ぶ

それでは、ビジネスの3原則に基づいて、ビジネスをしていきましょう!
といきたいところですが、ここで頼りになるものがたくさんあります。

本を読むということは、ある人の「知識・経験・ノウハウ」を得ることになります。

そして、それを繰り返し行う(読む)ことは、
何人分もの人生の貴重な時間(知識・経験・ノウハウ)を得ることができるのです。

知識・経験・ノウハウのアップグレード|本から学ぶ

2017.11.02

起業する場合に必要な手続き

ここまでは、起業をするにあたっての心構えや準備について説明してきましたが、
ここからは実際に起業するにあたって必要となる手続きについて述べたいと思います。

まずは、多くの人にとって必要となる、個人事業主フリーランスに焦点をあてて説明していきます。(個人事業

実際に起業をしようという段階になっても、いろいろと手続きが必要です。

開業する(開業届って出す必要あるの?)|開業届の書き方

事業を開業する際には、開業届を税務署へ提出する必要があります。

この開業届を出すことによって、節税効果の高い青色申告を行えるようになったり、それに加えて銀行口座を開設できるようになります。

開業する(開業届って出す必要あるの?)|開業届の書き方

2017.12.07

青色申告と白色申告|知っておくとお得な節税対策

開業届を提出することによって得られる1番のメリットは、節税効果の高い青色申告を行えることです。

青色申告による確定申告をすることによって、所得から最大65万円を特別控除できたり赤字3年に渡って繰り越すこともできます。

青色申告と白色申告|知っておくとお得な節税対策

2017.12.08

確定申告

確定申告とは、個人や法人の1年間(1月1日~12月31日まで)の所得にかかる税金(所得税および復興特別所得税)を納めたり(=納付)、納めすぎた分を返してもらう(=還付)ための手続きです。 

確定申告には、所得によっては申告義務というのがあり、しっかりと申告をしないと、納税対象者は罰則を受ける可能性があります。

確定申告|間違えると罰則を受ける可能性があります。

2017.12.14

銀行口座の開設方法

個人事業開業したら、個人事業用の銀行口座を開くことは重要です。

ビジネス用の口座(屋号付き口座)を持っていると、確定申告等の際にお金の管理をしやすかったり、仕事の面でも持っていない場合に比べると信用されやすいです。

起業Naviについて

まずは、起業全体に関するものと、副業としても手を出しやすい事業から順次公開していく予定です。

リクエストなどがありましたら、お問い合わせから、お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Masaki

横浜国立大学経営学部会計情報学科卒。 17歳の頃に初めての起業を経験し、以後8年間様々な事業で起業をする。 学生時代は10以上の資格の取得に励んだり、大学1年生の頃から20社以上のインターンシップ+αを経験したりと人生設計に迷走する。 現在、ホームページ作成、起業支援業務のような様々な新規ビジネスの開拓に携わっている。